【1回約18円】バスクリン・ピュアスキン(たっぷりミルク感)を使った私の口コミ

バスクリン・ピュアスキン(たっぷりミルク感)

この記事では、バスクリンのピュアスキン(たっぷりなミルク感)を使ってみた感想をまとめています。

 

バスクリンのピュアスキンは乳白色のにごり湯が作れる粉末入浴剤シリーズで、目的に合わせて5種類の商品から選べる高コスパの入浴剤です。

 

ぬら
1回あたり約18円で使えるので経済的

 

今回はピュアスキンの中から「たっぷりミルク感」という商品を使ってみた私の口コミなどを写真付きでご紹介します。

 

この記事はこんな人向け
  • 濃い乳白色のにごり湯を作りたい
  • フローラルの香りの入浴剤が好き
  • 大容量の入浴剤を探している

 

バスクリン・ピュアスキン(たっぷりなミルク感)を試した私の感想

バスクリン・ピュアスキン

特徴
  • ミルクプロテイン
  • 豆乳エキス
  • 真珠エキス顆粒
容量600g(約30回分)
香りフローラルブーケ

 

バスクリンのピュアスキンは全部で5タイプありますが、今回は「たっぷりなミルク感」を試してみました。

 

ここからは実際に使ってみた感想を写真付きでご紹介していきます。

 

フタが計量カップになっている

 

バスクリン・ピュアスキン

 

バスクリンのピュアスキンはフタ部分が計量カップになっています。

 

バスクリン・ピュアスキン

 

フタを取ると、粉末入浴剤が外に出ないように紙の中フタで保護されています。

 

点線に沿って紙フタを少し切り開いて粉末の出口を作るのですが、大きく開けてしまうと湿気が入りやすくなるので注意が必要です。

 

香りはフローラル

 

バスクリン・ピュアスキン

 

今回使ったピュアスキン・たっぷりなミルク感はフローラルブーケの香りなのですが、粉末を見てみるとところどころピンクの粒が見えました。

 

おそらくこれがフローラルの香りを演出してくれる成分なのでしょう。

 

バスクリン・ピュアスキン

 

粉末をお湯に入れるとすぐ底の方に沈んで、ミルク色が広がりました。

 

写真では伝わりづらいですが、粉末を入れた直後は少し黄色っぽいクリーム色のように見えます。

 

お湯に混ざると香りはそんなに強くなく、ときどきふわっとフローラル系の香りがする程度です。

 

透け感のない濃いめのにごり湯

バスクリン・ピュアスキン

 

ピュアスキンの粉末が完全に溶けると、クリーム色から変化して濃い乳白色のお湯が出来上がりました。

 

手を入れてみると輪郭もわからないくらい透明感がなくこってりしたにごり湯です。

 

とくに発汗を促すという効果は感じられませんが、マイルドなお湯になるので長風呂したいときや気分を上げたいときに使えます。

 

 

ぬら

濃いにごり湯が好きな人におすすめです

 


バスクリン・ピュアスキンについてのネット上の評判・口コミ

 

 


バスクリン・ピュアスキンの使い方

バスクリン・ピュアスキン

ステップ1

浴槽にお湯を溜める


ステップ2

計量カップで20~30gほどの粉末を測る


ステップ3

粉末をお湯に入れてかき混ぜる

 

ピュアスキンの1回分の目安量は20g(計量カップ1杯分)ですが、濃いめに作りたいときは30g(計量カップ1.5杯分)を測って入れればOKです。

 


バスクリン・ピュアスキンが売っているお店を調べてみた

買い物袋

 

バスクリンのピュアスキン(たっぷりミルク感)が買えるお店について調べてみました。

 

結論、Amazonで買うのがお得+最安です。(私もAmazonで購入しました)

 

実店舗での取り扱いについて

 

バスクリンのピュアスキンは基本的にスーパーやドラックストアでも手に入りますが、店舗ごとに品ぞろえが違うので必ず購入できるとは限りません。

 

確実に手に入れる場合はネットで注文するのが確実です。

 

ネットでの取り扱いについて

ショップ参考価格送料
Amazon548円プライム会員:無料
通常:410円 or 450円
(注文金額2,000円以上で無料)
楽天547円660円
(注文金額3,980円以上で無料)
Yahoo!ショッピング548円店舗ごとに異なる
(550~800円など)

 

バスクリンのピュアスキンシリーズは大手ショッピングサイトのいずれでも取り扱いがあり、商品代金もほとんど差がありません。

 

ただし送料のことを考えると、Amazonでの購入が最安です。

 

とくにAmazonプライム会員の場合は、注文金額が2,000円以下でも毎回送料無料になるので月2回以上Amazonを使う人は会員になった方が損をしません。

 

 

>>【30日間無料】Amazonプライム会員の特典をチェックする

 


バスクリン・ピュアスキンのメリット・デメリット

メリットとデメリット

 

デメリット

  • 粉末が計量カップ(フタ)についてべたつく

 

メリット

  • 既定の量で濃いめのお湯が簡単に作れる
  • いろんな香り・タイプから選べる

 

既定の量で濃いめのお湯が簡単に作れる

いろんな香り・タイプから選べる

ピュアスキン 各タイプ香り
たっぷりなミルク感 しっとり肌フローラルブーケ
まろやかバター感 なめらか肌スウィートフルーティ
リッチなオイル感 つややか肌ピュアフローラル
とろける美容液感 やわらか肌モイストハーブ
プラチナの輝きホワイトフローラル

 


まとめ

 

あわせて読みたい

この記事では、乳白色のミルクバスがカンタン作れる入浴剤についてまとめています。 牛乳風呂はあのクレオパトラも美を保つために好んで入っていたと言われる、美肌効果が高い入浴法。 私も賞味期限が近い[…]

乳白色のお湯が作れる入浴剤

 

ミルクバス入浴剤のイチオシ商品

スポンサーリンク