楽天バーチャルプリペイドカードならネット支払い時の個人情報が守れる!

ネット決済で個人情報を守る方法
この記事はこんな人向け
  • ネットで自分のクレカ情報を入力するのが怖い
  • クレカの個人情報が悪用されたらどうしよう
インターネットの発達で生活が便利になった反面、どこの誰かわからない人に自分の個人情報を知られてしまうという危険性も高まっています。
クレジットカードの情報が洩れて、勝手に使われるなんてことがあったらたまりませんよね
そんな情報漏洩の可能性を防ぎつつ、ネットでクレカ決済をする方法があります。
それは楽天バーチャルプリペイドカードで決済することです。
この記事の内容
  • 楽天バーチャルプリペイドカードとは?
  • 楽天バーチャルプリペイドカードのメリット・デメリット

 


目次

楽天バーチャルプリペイドカードとは?

 

楽天バーチャルプリペイドカードは、インターネットでの支払い専用の使い切りタイプのプリペイドカードです。

 

楽天カードの会員であれば、マイページからインターネット上でカードを購入・管理・利用できます。

 

カードの現物は発行されず、ネット上でカードデータだけ発行されます。

 

カードをどこかに落とした、なんてトラブルもありません

楽天バーチャルプリペイドカードのメリット

 

楽天バーチャルプリペイドカードには通常のクレジットカードにはない利点があります。

 

本名を使わないから個人情報を守れる

 

楽天バーチャルプリペイドカードはカードの名義を架空の名前に設定することができます。

 

具体例(本名)田中 奈津子 ⇒ (バーチャルカード名義)SUZUKI AYAKO
もしカードの情報が抜き取られても架空の名義なので、自分の本名を知られる心配はありません。
ニックネームもOKです。

購入金額までしか使えないから使いすぎを防止できる

 

楽天バーチャルプリペイドカードで決済できる上限金額は、カード購入時に設定した金額までです。

 

設定できる金額は以下の通りです。

 

  • 500円
  • 1,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 30,000円
  • 40,000円
  • 50,000円

 

決済できる上限が決まっているので、クレカ決済するときも常に残高を意識して使うことができます。

 

お子さんへのお小遣いをバーチャルプリペイドカードで管理すれば、お金の使い過ぎを防いだり、残高をネットですぐに確認することも可能。

 

楽天バーチャルプリペイドカード購入時に楽天ポイントがもらえる

 

楽天バーチャルプリペイドカードは購入金額に応じて楽天ポイントがもらえます。

 

楽天ポイントは利用額の1%もらえるので、3,000円分のカードを購入すれば30円分のポイントが戻ってきます。

 

現金で購入するよりもポイントが加算される分お得になりますね

楽天バーチャルプリペイドカードのデメリット

 

限度額を超える金額の決済はできないので再購入の必要あり

 

楽天バーチャルプリペイドカードはその名の通りプリペイド式のカードのため、購入した金額以内のものしか決済ができません。

 

カードを利用していくうちに残高が減り、決済したい金額(購入したいものの金額)を下回った時には再度カードを購入する必要があります。

 

具体例 楽天バーチャルプリペイドカードを5,000円で購入

2,980円決済

1,980円決済

残高40円

上記の例でいくと、残高が40円なので40円以上のものを購入する場合はこのカードは使えないので他のカードを追加購入します。

 

残った残高は新カード購入時に合算できる

 

じゃあ残った金額は無駄になるの?
残りの残高は追加で購入したカードに合算することができます
カードの残高を合算する方法は?
新カード購入時に「カードの合算をどうするか」選べるようになっています。
【合算をしない】という選択肢と、【残高が残っているカード】が出てくるので合算したいカードを選択しましょう。

楽天バーチャルプリペイドカードの購入方法

プリペイドカード

 

楽天カードのマイページ|楽天e-NAVIにログイン

 

楽天カードのIDとパスワードを使って楽天e-NAVI(楽天カードの会員ページ)にログインします。

 

メニューバーを開く

楽天カード会員ページ

ログイン後、画面左上にあるメニューバーを開きます。

メニューバーの中から【カードのお申込み(切り替え・追加)】を選択

楽天カード会員ページ

メニューバーを開いて【カードのお申込み(切り替え・追加)】を選択します。

スクロールしてカードの追加一覧から【楽天バーチャルプリペイドカード】を選択

楽天カード会員ページ

カードのお申込みを押した後、追加できるカードの一覧が出てきます。

その中から【楽天バーチャルプリペイドカード】を選びます。

【カードの購入】を選択

楽天カード会員ページ

楽天バーチャルプリペイドカードの選択肢の中から、【カードの購入】を選びます。

カードのデザインを選択

楽天カード会員ページ

カードのデザインを選ぶことができます。

ただし、インターネット上で管理されるプリペイドカードなのでプラスチックカードは発行されませんのでご注意ください。

好きなデザインを選んだら下にスクロールして購入金額とカード名を決めます。

購入金額とカード名を入力

楽天カード会員ページ

 

購入金額は、500〜30,000円の範囲で金額設定できます。

ここで要求されるカード名とはバーチャルプリペイドカードを見分けるためのニックネームのようなもので、カードの名義人ではありません。

例えばココナラでクレカ決済するために買ったプリペイドカードの名前を「ココナラ」にしておけば、後から見た時に何に使ったのかわかりやすいです

 

本人確認として手持ちの楽天カード裏面の3桁の数字を入力し、【同意して確認画面へ】を選択

楽天カード会員ページ

購入金額とカード名選択後、本人確認として手持ちの楽天カードのセキュリティコードを入力します。

セキュリティコードは楽天カードの裏面に記載されている3桁の数字です。

内容に誤りがなければ【購入する】ボタンを選択

楽天カード会員ページ

楽天カードのセキュリティコード入力後の画面では、カードの内容の最終確認があります。

  1. カードのデザイン
  2. 購入金額
  3. カード名

カードの内容に誤りがなければ【購入する】ボタンを選択します。

これで楽天バーチャルカードの購入は完了

バーチャルプリペイドカード購入後の利用開始手続き

カードの購入が完了したら、次に購入したカードの利用開始手続きを行います。

【ご利用開始手続き】に進む

楽天カード会員ページ

楽天プリペイドカード購入後の画面です。

【ご利用開始手続き】のボタンを押すと、カードを実際に使えるようにする手続き(名義人設定)に移ります。

カードの名義を設定する

楽天カード会員ページ

カード名義は自由に設定可能です。

カードの名義は本名である必要はありません。

名義はニックネームにするなど、自分の好きなように設定・変更することができます。

具体例 (本名)田中 奈津子 ⇒ (バーチャルカード名義)SUZUKI AYAKO

カード名とカード名義を確認して【登録する】を選択

カード名とカード名義を決定したら、画面を下にスクロールして【登録する】ボタンを押します。

これでカードの名義人の設定も終わり、インターネットでの決済ができるようになります。

次は実際にネット決済するときに、カードの番号やセキュリティコードを確認する方法を説明します

実際にバーチャルプリペイドカードで決済をする流れ

カードの利用登録が終わったら実際にクレカ決済をしてみましょう。

利用登録直後にカード番号と有効期限、セキュリティーコードが発行されるのですぐに使用可能です。

利用中カード一覧を開く

楽天カード会員ページ

【利用中のカード一覧】というボタンから、自分が持っている楽天バーチャルカードの一覧画面に移ることができます。

カード購入後に利用開始手続きをしたときは、利用開始手続き完了直後に【利用中のカード一覧】が出てくるのでそのまま進んでください。

カードの購入または利用開始手続き後、一度楽天カードマイページからログアウトした場合は下記手順で【利用中のカード一覧】に戻ってくることができます。

  1. 楽天カードのマイページにログイン
  2. マイページTOP画面左上にあるメニューバーから【カードのお申込み(切り替え・追加を選択)】
  3. カードリストから【楽天バーチャルカード】を選択⇒選択肢の中から【利用中のカード一覧を選択】

使いたいカードの【詳細】を選択

楽天カード会員ページ

【利用中のカード一覧】に入ると、自分が購入した楽天バーチャルプリペイドカードが出てきます。

使いたいカードの下にある【詳細】のボタンを押すと、カードの情報を確認できます。

本人確認として手持ちの楽天カード裏面の3桁の数字を入力し、【カード情報を確認する】を選択

楽天カード会員ページ

楽天バーチャルプリペイドカードを使いたいときは、その都度手持ちの楽天カードのセキュリティコードを入力する必要があります。

面倒ではありますが、セキュリティコードがわからないと使えないので不正利用される心配はありません。

【カード情報を表示する】を選択

楽天カード会員ページ

セキュリティコードを入力して進むと、上の画像のようにカードの画像が出てきます。

カードの中央にある【タップで表示】またはカードの下にある【カード情報を表示する】を押すとカードの情報がわかります。

  1. カードの番号
  2. 有効期限
  3. セキュリティコード(3桁の数字)

上記3つを確認すれば、インターネットでクレジットカード決済ができます。


楽天バーチャルプリペイドカードは情報漏洩とお金の使い過ぎを防ぐ便利なカード

楽天バーチャルプリペイドカードのメリット
  1. 個人情報の漏洩を防ぐことができる
  2. インターネットショッピングでのお金の使い過ぎを防ぐことができる
  3. 楽天ポイントがもらえる

楽天バーチャルプリペイドカードは、キャッシュレス化が進む現代で、個人の情報を守りつつお金の使い過ぎも防止してくれる便利なカードです。

すでに楽天カードを持っている方はもちろん、まだ楽天カードを持っていない方にもおすすめです。

 

安心してネットショッピングができるように工夫しましょう