【読み放題】Kindle Unlimitedはお得?メリット・デメリットを解説

キンドルアンリミテッド

この記事では、Amazonの電子書籍読み放題サービス『Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)』を利用するメリット・デメリットについてまとめています。

 

ぬら

月2冊以上本を読む人は加入した方が出費を抑えられます

 

この記事はこんな人向け
  • 毎月の本の購入費用を抑えたい
  • 持っている本が多くて場所を取っている
  • Kindle Unlimitedのサービスがどんなサービスかわからない

 

\ 200万冊以上の電子書籍が読み放題 /

 


Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のポイントをおさらい

電子書籍と積まれた紙製の本

 

Amazonで販売されている電子書籍はKindleと呼ばれていて、専用のアプリで見ることが可能。

 

Kindle Unlimitedは有料の電子書籍の読み放題サービス

 

通常、Amazonの電子書籍は紙の本と同じように料金を支払って購入します。

 

でもKindle Unlimitedのサービスに加入すると、対象の電子書籍がすべて0円で読むことができます。

 

ぬら

1ヵ月に本を2・3冊買うような人ならKindle Unlimitedで読んだほうがお得ですね

 

キンドルアンリミテッドとプライムリーディングの違い

 

会費対象タイトル数
キンドルアンリミテッド有料120万冊以上
プライムリーディング無料約1,000冊

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)の対象範囲は?

和書の読み放題対象数は12万冊➡36万冊以上に増加

 

2016年のサービス開始時点でのKindle Unlimitedの対象本の数は和書12万冊以上、洋書120万冊以上。

 

サービス開始から4年以上経過していますが、Amazonのサイトでは具体的に何冊くらい読み放題になるのかが書いてありませんでした。

 

ぬら

そこで実際に読み放題になるジャンルとそれぞれの対象本の数を調べて集計してみました

 

主なジャンルの読み放題対象タイトル数

ジャンル対象タイトル数
文学・評論40,000冊以上
人文・思想40,000冊以上
社会・政治10,000冊以上
ノンフィクション1,000冊以上
歴史・地理10,000冊以上
ビジネス・経済20,000冊以上
投資・金融・会社経営10,000冊以上
科学・テクノロジー10,000冊以上
医学・薬学4,000冊以上
コンピュータ・IT5,000冊以上
アート・建築・デザイン10,000冊以上
趣味・実用10,000冊以上
スポーツ・アウトドア5,000冊以上
資格・検定・就職1,000冊以上
暮らし・健康・子育て10,000冊以上
旅行ガイド・マップ6,000冊以上
語学・辞事典・年鑑4,000冊以上
教育・学参・受験10,000冊以上
絵本・児童書7,000冊以上
マンガ50,000冊以上
ライトノベル10,000冊以上
ボーイズラブ8,000冊以上
ティーンズラブ6,000冊以上
タレント写真集10,000冊以上
エンターテイメント3,000冊以上
楽譜・スコア・音楽書1,000冊以上
雑誌10,000冊以上
アダルト50,000冊以上
合計361,000冊以上
※2020年9月時点
キンドルアンリミテッドの読み放題の対象本は、サービス開始時と比べて3倍以上になっていることがわかります。
ぬら
読み放題の洋書の数に比べると、和書はまだまだ少ないので今後も対象の本が増えていくことを期待

 

Kindle Unlimitedの対象か確認する方法

 

自分の読みたい本が読み放題の対象になっていないと本末転倒です。

Kindle Unlimitedに加入する前に読みたい本があるか、しっかり確認しておきましょう。

 

 

 

 

 


Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)についてのネット上の評判・口コミ

吹き出しのオブジェを持つ4人の男女

 

 


Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)のメリット・デメリット

メリットとデメリット

 

デメリット

  • ライブラリに残せるのは10冊まで
  • 手元に残るわけではない
  • 欲しい本があるとは限らない
  • 少々値段が高い
  • 本が入れ替わる

 

メリット

  • 36万冊以上の様々なジャンルの本が読める
  • 有名作品や人気作も読み放題対象
  • 5,000円以上の高価な専門書も読める
  • デバイスを問わず読める
  • オフラインで読める
  • 家族とシェアできる(6台まで同時使用OK)
  • 30日間無料体験ができる

 

Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)はこんな人におすすめ

  • 本が好きで毎月2冊以上読んでいる人
  • 読書が好きで常に1冊はカバンにはいっている人
  • 色々なジャンルの本が読みたい人
  • 色んな雑誌を読みたい人

 


Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)についてのQ&A

壁に立てかけられたクエスチョンマークのオブジェ

 

Kindle Unlimitedの対象外タイトルを読みたい時はどうすればいい?
本の概要欄に「¥0 kindleunlimited」と書かれていない場合、残念ながら読み放題の対象ではありません。

Kindle Unlimitedの対象ではない本は、通常の本と同じく料金を支払って読む必要があります

ただしKindle Unlimitedの対象は随時変更されるので、待っていれば0円で読める可能性もあります

>>Kindle Unlimitedの対象かチェックする

 

Kindle Unlimitedの対象は時期によって変わる?
Kindle Unlimitedのヘルプページによると、読み放題対象のタイトルは随時変更になる場合があるとのこと。

Kindle Unlimitedの対象になっているのにかまけて「今度時間があるときに読もう」と放置していると、無料で読めなくなる可能性もあります。

 

以前キンドルアンリミテッドを利用したことがある場合は無料お試しは出来ないか?
ただ、前回の利用から一定期間経過している場合は再度無料体験できるようです。

無料体験を再度利用するには、前回利用から1年以上経過しているかが目安。

 


まとめ:月に本を2冊以上読む人はKindle Unlimitedを利用しないと損

キンドルアンリミテッドの注意点

  • ライブラリに残せるのは10冊まで
  • 手元に残るわけではない
  • 欲しい本があるとは限らない
  • 少々値段が高い
  • 本が入れ替わる

キンドルアンリミテッドの魅力

  • 36万冊以上の様々なジャンルの本が読める
  • 有名作品や人気作も読み放題対象
  • 5,000円以上の高価な専門書も読める
  • デバイスを問わず読める
  • オフラインで読める
  • 家族とシェアできる(6台まで同時使用OK)
  • 30日間無料体験ができる

キンドルアンリミテッドはこんな人におすすめ

  • 本が好きで毎月2冊以上読んでいる人
  • 読書が好きで常に1冊はカバンにはいっている人
  • 色々なジャンルの本が読みたい人
  • 色んな雑誌を読みたい人

 

スポンサーリンク