大規模改修中につき、一部表示が乱れている場合があります。

テレビがついたり消えたりするのはなぜ?考えられる原因と対処法

当ページのリンクには広告が含まれています。

テレビがついたり消えたりして困っている

ポルターガイスト?怖くて眠れない

リモコンに触っていていないのに、突然テレビがついたり消えたりしたことはありませんか?

急にテレビがおかしくなるとびっくりしちゃいますよね。

とくに、夜に1人でいるときにテレビが勝手についたり消えたりすると怖いものです。

わたし自身も経験があるのですが、心霊現象などではなく、テレビの設定の問題だったので安心しました。

ここからはテレビがついたり消えたりするときの原因や対処法について、調べた情報をまとめています。

同じように困っている人の参考になれば幸いです。

目次

テレビがついたり消えたりするのはなぜ?考えられる原因と対処法

テレビがついたり消えたりするのは何が原因なのでしょうか?

実は考えられる原因はたくさんあるんです。

ここからはテレビ本体・リモコン・周辺機器・その他に分けて具体例をご紹介します。

テレビ本体が原因のケース

  • テレビの省エネモードがオンになっている
  • テレビのタイマー機能がオンになっている
  • テレビ本体の誤作動
  • テレビ本体の寿命

テレビの省エネモード

テレビが突然ついたり消えたりするのは、多くの場合「省エネモード」になっているからです。

テレビには消費電力を抑えるために、以下のような省エネ機能が備わっていることがあります。

  • 無操作自動オフ(一定時間操作されない場合に自動で電源を切る機能)
  • 無信号自動オフ(DVDやビデオ再生後に自動で電源を切る機能)
  • 人感センサー(テレビから人が離れると画面が消え、テレビ前に人が来ると画面がつく機能)

上記の機能はリモコンでの操作を必要としないので、何も触っていないのにテレビが勝手についたら消えたりすることになります。

これらの機能がいらない場合は、テレビの設定で省エネモードや人感センサーをオフにしましょう。

テレビのタイマー機能がオンになっている

テレビのタイマー機能をオンにすると、設定した時刻に自動で画面のオンオフが切り替わります。

タイマーによる画面のオンオフは、リモコンを操作する必要はありません。

そのため、タイマー設定のことを忘れていると勝手にテレビがついたり消えたりしたと思ってしまいます。

タイマー機能が不要の場合は、タイマー機能をオフにしておきましょう。

テレビ本体の誤作動

テレビは電子機器なので、ごくまれに誤作動を起こすこともあります。

そんなときはテレビ本体の電源ボタンを押して電源オフにして、すこし時間を置いてから再度電源をつけましょう。

何度電源を入れ直しても元に戻らないときはテレビ本体が故障している可能性があるので、メーカーのコールセンターに問い合わせてください。

テレビ本体の寿命

テレビの耐用年数を超えていると、本体が故障して画面がついたり消えたりすることも。

内閣府が発表した実施調査結果(消費動向調査)によると、カラーテレビの寿命(平均使用年数)は約10年程度とされています。

使用歴10年以上のテレビで画面がついたり消えたりする場合は、寿命の可能性があるので買い替えも検討しましょう。

リモコンが原因のケース

  • リモコンの誤作動
  • リモコンの電池残量が不足している
  • リモコンから出ている赤外線の影響

リモコンの誤作動

リモコンが誤作動を起こすと、テレビがついたり消えたりすることがあります。

リモコンの調子が悪い時はそのまま操作せず、電池を一旦抜いてから入れ直して様子を見ましょう。

それでも戻らない場合は、リモコンの買い替えも視野に入れてみてください。

リモコンの電池が少ない

リモコンの電池残量が少ない状態で使っていると、テレビがついたり消えたりすることがあるようです。

リモコンの電池が少なくなっている場合の誤作動は、新品の電池と入れ替えることで改善されるはずです。

リモコンの赤外線

リモコンから出る赤外線の影響でテレビがついたり消えたりするケースも存在します。

ちなみにリモコンの赤外線が出ているかどうかは、スマホやデジカメのモニターを通してリモコンの発信部を見るとわかります。

リモコンが正常に動いている場合は、リモコンのスイッチを押すと発信部が光ってみえるはずです。

スイッチを押しても発信部が光らない場合は電池切れか故障の可能性があります。

周辺機器が原因のケース

  • ケーブル配線の不具合
  • レコーダーとの連動

ケーブル配線の不具合

テレビに繋いでいる配線に不具合があると、テレビの画面がついたり消えたりすることがあります。

テレビ本体やリモコン以外に原因がありそうなら、テレビの電源を落としてからケーブルを繋ぎ直してみましょう。

ケーブルの接触不良などが原因の場合は、繋ぎ直したタイミングで復活するはずです。

レコーダーと連動している

テレビとレコーダーが連動していると、どちらかの電源が入るともう片方も一緒に電源が入ります。

ちなみに逆も然りで、どちらかが電源オフになるともう一方も電源がオフになるんです。

連動させたくない場合は、テレビもしくはレコーダーの設定で連動を解除してください。

その他が原因のケース

  • 雷の影響
  • 受信レベルの低下

雷の影響

雷の影響でテレビがついたり消えたりすることもあるようです。

雷が鳴っている場合はテレビの電源を落としておき、天候が落ち着いてから電源を入れてみてください。

受信レベルの低下

テレビの受信レベル(受信電波の強さ)が低下すると、テレビ画面が映らなくなることがあります。

テレビやリモコンの電源を入れ直したり、ケーブルを繋ぎ直しても受信レベルのエラーが出る場合は、アンテナの不具合や立地による電波不足などの可能性も。

賃貸の場合は管理会社への連絡も視野に入れましょう。

まとめ

テレビがついたり消えたりする場合は、以下のような原因が考えられます。

テレビ本体が原因のケース
  • テレビの省エネモード
  • テレビのタイマー機能
  • テレビ本体の誤作動
  • テレビ本体の寿命
リモコンが原因のケース
  • リモコンの誤作動
  • リモコンの電池残量不足
  • リモコンから出ている赤外線
周辺機器が原因のケース
  • ケーブル配線の不具合
  • レコーダーとの連動
その他が原因のケース
  • 雷の影響
  • 受信レベルの低下

テレビが勝手についたり消えたりするのは、テレビの設定やリモコンの電池切れなど、自分で対処できるものも多くあります。

テレビの様子がおかしくなったら、落ち着いて1つずつ原因を潰していきましょう。

いくつかの対処法を試してもテレビの調子が戻らない場合は、各メーカーの問い合わせ窓口に連絡してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次